アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)の人材育成事業として行われているTokyo Art Research Lab(TARL)。2022年度のプログラムの一つ《新たな航路を切り開く》のナビゲーターをP3統括ディレクター芹沢高志が務めます。

現在「演習|自分のアートプロジェクトをつくる」の受講生を募集中です。8回の講座全てに芹沢高志がナビゲーターとして参加し、受講生やゲストアーティストとともに「本当の問い」に向き合っていきます。
みなさまからのご応募お待ちしております!!

詳細はこちら
https://tarl.jp/school/2022/newroute-seminar/

応答するアートプロジェクト|アートプロジェクトと社会を紐解く5つの視点
https://tarl.jp/school/2022/newroute-5views/
 |____(公開中)港千尋:前に走ってうしろに蹴る
 |____(公開中)佐藤李青:3.11からの眺め
 |____(公開中)松田法子:生環境構築史という視点
 |____(公開中)若林朋子:企業・行政・NPOとの応答
 |____(8/19公開予定)相馬千秋:フェスティバルの変容

応答するアートプロジェクト|ケーススタディ・ファイル(8/19より順次公開予定)
https://tarl.jp/school/2022/newroute-casestudy/
岩井成昭/滝沢達史/青木彬/アサダワタル/清水チナツ/中村茜/松本篤/キュンチョメ(順不同・敬称略)

ナビゲーター:芹沢高志
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
企画運営:P3 art and environment