オノが2005年に北海道の「十勝千年の森」に残る開拓農家の廃屋に恒久設置したインスタレーション作品「北海道のためのSky TV」を再構成して展示しました。
空に関するインストラクションを朗読する作家の映像が流れる中、かつての暮らしを偲ばせる、昭和20年代に建てられた日本家屋の細部や展示風景写真を素材として構築されたメインのインスタレーション、十勝の空をライブに映すTVモニタ、さらに作家自筆による15の言葉「青い部屋のイヴェント」で森のような空間をつくり、鑑賞者はオノ・ヨーコのインストラクションに沿って空間を巡ります。また、東長寺境内入口にも作品を置いて「北海道のためのSky TV」の全作品を紹介。観客が願い事を書いて参加する作品「念願の木」は、会期終了後に願い札が集められて、オノのアイスランドの恒久設置作品「イマジン・ピース・タワー」に送られ、光の束となって北極圏の空に照射されました。

会期:2014年1月16日~3月22日
会場:P3 art and environment、P3 Project Space
主催:P3 art and environment
協力:十勝千年の森、有限会社ランランファーム、株式会社十勝毎日新聞社、キヤノン株式会社、萬亀山東長寺

<iframe src="//player.vimeo.com/video/87446327?title=0&byline=0&portrait=0" width="620" height="349" frameborder="0" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen></iframe>
Yoko Ono: Sky TV for Hokkaido  オノ・ヨーコ トークと展示制作風景



[青い部屋のイヴェント] 
壁、床、天井、窓などに、想像することを促す言葉が作家によって書かれます。



[スカイTV] 
北海道、十勝千年の森の空をライブ上映します。いつもは見上げる空が、ここではあなたを見つめています。



[念願の木]
観客が木に結わえ付けた願い事は、会期終了後にアイスランドにあるオノ・ヨーコの恒久設置作品「イマジン・ピース・タワー」に送られて、世界中から集まった願い事と一緒に光の束となって北極圏の成層圏に発信されます。



[雲の曲]
空から雲が滴り落ちてくることを想像しましょう。その雲を入れる穴です。



[スカイTV/北海道] 
作家本人が空に関する自作インストラクション(指示書)を朗読しているビデオです。


オノ・ヨーコ
1933年、東京生まれ。 オノ・ヨーコは、パフォーマンス、インストラクション、映画、音楽、執筆など、さまざまな分野において、60年代初頭からコンセプチュアルな制作活動を続けているアーティストです。アートや世界についての私たちの理解の仕方に疑問を投げかける作品を制作しています。 1969年、夫であるジョン・レノンと共に行った「戦争は終わった! (あなたがそれを望むなら)」キャンペーンなどの平和活動によって、オノ・ヨーコの名前は世界中に知られることになりましたが、同時に、アーティストとして展覧会やパフォーマンスの他、多くの映像作品とレコードを精力的に制作/発表し、2009年には現代アートのオリンピックとも呼ばれるヴェネチア・ビエンナーレ国際展から生涯功績に対する金獅子賞を、2011年には、人類の平和に貢献した美術家に授与されるヒロシマ賞を受賞しました。 インストラクション(指示書)を始めとする、人びとの想像力に働きかけて、概念の中で、また実際に参加することによって成立する作品群は、現代アートのファンのみならず多くの人びとの支持を集めています 。