2月6日 オープンフォーラム2020『芸術文化が都市の空間と時間を拡張する』に芹沢高志が出演します

オープンフォーラム2020『芸術文化が都市の空間と時間を拡張する』
 
公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京により、国際都市としての芸術文化のあり方をめぐる議論を行うフォーラムが開催されます。今年度は、芸術文化による都市の空間と時間の拡張に焦点をあてます。
当日出演する、パリ 2024 オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の文化担当ディレクターを務めるステファン・フィエベ氏、ロサンゼルス市で初のチーフデザインオフィサーを務めるクリストファー・ハウソーン氏は、共に日本では初講演となります。この貴重な機会に、是非ご来場ください。
 
開催概要
日 時:2020年2月6日(木)16:00~19:00(開場15:30)
場 所:THE CORE KITCHEN/SPACE(東京都港区新橋4丁目1−1)
参加費:無料(要申込・応募者多数の場合は抽選、定員130名)
申込締切:2020年2月3日(月)
※日英同時通訳付き
 
登壇者(順不同)
・ステファン・フィエベ(パリ 2024 オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 文化担当ディレクター)
・クリストファー・ハウソーン(ロサンゼルス市 チーフデザインオフィサー)
・芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター)
・伏谷博之(ORIGINAL Inc. 代表取締役、タイムアウト東京代表)
 
詳細はプレスリリース(PDF)をご覧ください
公式WEBサイト(お申し込みはこちらから)
 
主 催:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
 
 

News, 芹沢