熊本から宮城へ 水曜日の消息展


 
熊本から宮城へ 水曜日の消息展
 
水曜日の物語を交換するアートプロジェクトとして全国的に知られた赤崎水曜日郵便局と鮫ヶ浦水曜日郵便局。届いた手紙とともに取り組みの様子が展示されています。
関連プログラムとして、トークセッションが行われます。

日時:10月20日14時00分~15時30分
会場:つなぎ美術館1階展示室
料金:観覧料のみ
定員:40名(申込不要・当日先着順)

ゲスト:
住友文彦(アーツ前橋館長/東京藝術大学大学院准教授)
遠山昇司(元赤崎水曜日郵便局長/映画監督)
芹沢高志(元鮫ヶ浦水曜日郵便局管理人/環境計画家)
モデレーター:
楠本智郎(元赤崎水曜日郵便局管理人/つなぎ美術館学芸員)

「熊本から宮城へ 水曜日の消息展」
会場:つなぎ美術館(熊本県芦北郡津奈木町大字岩城494番地)
会期:9月7日(土)~11月24日(日)
観覧料:一般300円、高・大200円、小・中100円

詳細はつなぎ美術館ウェブサイトをご覧ください。http://www.town.tsunagi.lg.jp/Museum/
 

News, 鮫ヶ浦水曜日郵便局