6月13日 水曜日郵便局 熊本へ、一日だけの里帰り
ワークショップ+トークセッション


 
6月13日 水曜日郵便局 熊本へ、一日だけの里帰り
ワークショップ+トークセッション

開催概要
ワークショップ「水曜日の手紙を書く会」

“水曜日の出来事”を手紙に書く会を行います。鮫ヶ浦水曜日郵便局の概要をご説明するとともに、実際に届いた手紙の中から、いくつかを選んでご紹介します。参加が初めての方でも、手紙を受け取った時の一期一会の出会いの瞬間を体験いただけることでしょう。
最後に手紙を書く時間を設け、その場で鮫ヶ浦水曜日郵便局の“出張ポスト”に投函します。昼下がりのひとときを、一緒にゆったりと過ごしましょう。
日 時:2018年6月13日(水)14:00ー16:00
会 場:熊本市現代美術館 アートスカイギャラリー
定 員:10名(参加無料、要申し込み)
https://www.facebook.com/events/165184777465130/

トークセッション「熊本から宮城へ ― 水曜日郵便局のその先」
水曜日郵便局の生まれ故郷であるつなぎ美術館、地域と密接な関わりを持ち様々な取り組みを行う熊本市現代美術館とともに、トークセッションを開催いたします。
水曜日郵便局の誕生から、鮫ヶ浦水曜日郵便局の開局までの物語、各美術館で展開されている取り組みのこれまでと現在、試行錯誤についてなど、それぞれの活動を持ち寄り、地域と関わりを持つアートプロジェクトの可能性と、スピーカー達が見ている「今」と「その先」について意見を交わします。
日 時:2018年6月13日(水)18:00ー20:00
会 場:熊本市現代美術館 ホームギャラリー
定 員:50名(参加無料、要申し込み)
https://www.facebook.com/events/208077273329261/
スピーカー
坂本顕子(熊本市現代美術館 学芸員)
楠本智郎(つなぎ美術館 主幹・学芸員)
遠山昇司(水曜日郵便局 局長、映画監督)
芹沢高志(鮫ヶ浦水曜日郵便局 管理人、環境計画家)

お申込み・お問い合わせ
FAXもしくはメールにて、「6/13イベント申し込み」と明記し、参加希望のイベント名(「トークセッション」または「手紙を書く会」)、氏名、参加人数、電話番号をお書き添えの上、下記までお申し込みください。*定員に達し次第、受付を終了いたします。
◆鮫ヶ浦水曜日郵便局 事務局 [担当:松本・大曽根]
〒162-0837 東京都新宿区納戸町12番地 第5長森ビル4階 P3内
FAX:03-5579-2722 email:info@samegaura-wed-post.jp

トークセッションスピーカー プロフィール
坂本顕子 熊本市現代美術館 学芸員
1976 年熊本市生まれ。熊本市現代美術館学芸員。同館設立準備室を経 て現職。教育普及をベースに、現代美術系の企画展を多数行なう。美術 や美術館が地域に開かれていくための研究・実践を続けている。
絵本『とうだい』(福音館書店)の作画を担当。書籍『赤崎水曜日郵便局』ではカバーイラストを手掛ける。

楠本智郎 つなぎ美術館 主幹・学芸員
1966 年福岡市生まれ。社会教育事業としてのアートプロジェクトを考案し、ア ーティストと住民が年間を通じて地域資源を活用しながら表現活動に取り組む 「住民参画型アートプロジェクト」を 2008 年から実施。地域密着型アートプロ ジェクトの功罪を問いながら、過疎地域におけるアートの可能性を探る。「赤崎水 曜日郵便局」ではプロデューサーを務めた。

遠山昇司 水曜日郵便局 局長、映画監督
1984 年熊本県生まれ。「赤崎水曜日郵便局」では、システムを五十嵐靖晃氏 と共に発案し、局長・ディレクターとしてクリエーションに関する総合的な ディレクションを行う。精力的に映画制作を行いながら、アートプロジェク トなどの企画・プロデュースを手がけ現在に至る。さいたま国際芸術祭2020ディレクターに就任。

芹沢高志 鮫ヶ浦水曜日郵便局 管理人、環境計画家
1951 年東京生まれ。神戸大学理学部数学科、横浜国立大学工学部建築学科 を卒業後、(株)リジオナル・プランニング・チームで生態学的土地利用計画 の研究に従事。89年にP3 art and environmentを開設。別府現代芸術フェスティバル『混浴温泉世界』総合ディレクター(2009年、2012年、2015年)、 さいたまトリエンナーレ2016ディレクター(2016年)などを歴任。

主催|水曜日観測所
共催|熊本市現代美術館

News, 鮫ヶ浦水曜日郵便局