4月1日 大友良英氏が東長寺での「仏教文化講座」に出演します


 
4月1日 大友良英氏が東長寺での「仏教文化講座」に出演します

東京・四谷、曹洞宗萬亀山東長寺の仏教文化講座に、アンサンブルズ東京・芸術監督の大友良英氏が出演します。

「わたしたちポップスやジャズの音楽家は楽曲を演奏する際に作曲されたものをそのまま演奏するだけではなく、多かれ少なかれその場で思いついた音を紡いでいくようなそんな演奏をすることでアンサンブルを作っていきます。そんな中にはいわゆる即興演奏のようにまるっきりその場で思いついたことをやる場合もありますし、曲を演奏する場合でも譜面に全てが書かれているわけではなく、アクセントやタイミングを考慮したり、譜面にない音を加えたりと、その場で対処しながらアンサンブルを組んでいきます。自分を主張するというよりは、複数の人々がまちまちに音を出す中で、どうアンサンブルを組んでいくかをその場で瞬時に考え音を出していく行為こそが即興であるとも言えます。
このことは、もしかすると社会を作っていくことと密接に関係してるのではないか。関係どころか、ほぼイコールなのではないか。震災後、コミュニティ創生に関わる現場、例えば「芸術祭」であったり「祭り」であったりというようなものに関わることが多くなる中で、そのことを深く感じるようになりました。社会を考える際に、人間が従来持ってる即興性に焦点をあてることは今までそんなにはなかったかもしれません。でも、今のこんな状況であるからこそ、このあたりに光をあてることで見えてくることがあるように思います。
今回は、わたしにとっても初めてのテーマの講演になります。みなさんと一緒に、もしも可能なら一緒に音をだしたりもしながら、このことを考えていければと思っています。」大友良英

仏教文化講座「即興と社会」
講師:大友良英氏(音楽家)
日時:4月1日(日)16時半開場 17時開講 入場無料
会場:曹洞宗 萬亀山 東長寺(〒160-0004 東京都新宿区四谷4-34)
http://www.tochoji.jp/contact_map/access

プロフィール
大友良英 (Otomo Yoshihide) 音楽家
1959年横浜生まれ。十代を福島市で過ごす。多種多様な作品をつくり続け、その活動範囲は世界中に及ぶ。中国や日本の映画、「あまちゃん」などテレビドラマでも数多くの映像作品を手がけ、映画音楽家としても活躍。2012年「プロジェクトFUKUSHIMA」にて芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。近年は「アンサンブルズ」の名のもとさまざまな人たちとのコラボレーションを軸に展示する音楽作品や特殊形態のコンサートや、障害のある子どもたちとの音楽ワークショップや一般参加型のプロジェクトにも力をいれ、音楽におさまらない活動でも注目される。

仏教文化講座とは
仏教の教えや歴史などの他、民俗学、文学、美術、音楽など幅広く取り上げてます。
講師には各分野の専門家を招き、文化、思想、生活全般にわたる根源的な意味での「智」を探求する場所と位置づけています。
檀信徒に限らず、どなた様でもご参加ください。
 
<画像>https://www.facebook.com/tochoji/より転載
 

Artist, News, あ行, お知らせ, 大友良英