10月18日 水曜日の映画ナイト「夜はながくない」上映+トーク
 ― 鮫ヶ浦水曜日郵便局 開局準備イベント第二弾


 
10月18日 水曜日の映画ナイト「夜はながくない」上映+トーク
 ― 鮫ヶ浦水曜日郵便局 開局準備イベント第二弾


「鮫ヶ浦水曜日郵便局」開局準備イベントとして、遠山昇司監督作品「NOT LONG, AT NIGHT-夜はながくない-」の上映とトークショーを行います。トークショーでは、本作主演を務める女優・ミュージシャンの玉井夕海さんをゲストに迎え、撮影当時のエピソードなどをお話します。玉井さんは、この映画以降も遠山昇司とタッグを組み、熊本でのプロジェクト「赤崎水曜日郵便局」のポストマンとして、“水曜日の手紙”の転送作業やラジオの収録、地域の方々との音楽活動なども行われています。トークでは、これら遠山昇司との他の協働についてもご紹介いたします。

開催概要
日時:2017年10月18日(水)19:30~21:40
会場:ポップコーンスクリーニング&ディベロップメント
東京都江東区三好1-7-14 リトルトーキョー3F(清澄白河駅A3出口から徒歩2分)
https://www.facebook.com/littletyo/
上映作品:「NOT LONG, AT NIGHT-夜はながくない-」(監督:遠山昇司、2012年、HD カラー94分)
http://not-long-at-night.com/
主催:水曜日観測所

タイムテーブル
19:00 開場
19:30 イントロダクション
19:35-21:10 「NOT LONG, AT NIGHT-夜はながくない-」上映
20:10-21:40 トークショー:遠山昇司、玉井夕海、芹沢高志
※ イベント終了後、同建物内1Fのバーをご利用いただけます。(26:00まで営業)

映画について
NOT LONG, AT NIGHT-夜はながくない-」ストーリー
女はある日、34年間貯めつづけてきたものを捨てた。
それは、「靴」「お金」「招待状」「口紅」「お別れの挨拶」、そして「夜」。
女は車を盗んで旅に出る。盗んだ車に残されたメッセージとともに。
「海から来たのか 海に向かうのか」
都市から海へと向かうピアニッシモな逃避行と世界の目覚めを描くロードムービー。
カラフルな夜が訪れるとき、ひとつの朝が始まりを迎える。

作品紹介
映画の舞台は美しい海に囲まれた熊本の天草。また、主人公が見る夢のシーンでは海に浮かぶ日本唯一の小学校として有名な、 津奈木町の旧赤崎小学校にて撮影を行った。主演は、『千と千尋の神隠し』でリンの声を演じた玉井夕海。他に東京の劇団「ポツドール」の看板俳優・米村亮太朗も出演。監督・脚本を務めるのはアートプロジェクト「赤崎水曜日郵便局」「鮫ヶ浦水曜日郵便局」「ポイントホープ」のディレクターなど映画に限らず様々な分野で活動を続ける新進クリエーター、遠山昇司。2012年に劇場公開。

「鮫ヶ浦水曜日郵便局」とは
自身の水曜日の物語を手紙に書いて送ると、知らない誰かの水曜日の物語が送られてくるちょっと不思議なプロジェクト。開局実現を目指し、現在クラウドファンディングを実施中です。「鮫ヶ浦水曜日郵便局」では、宮城県東松島市宮戸島にある旧鮫ヶ浦漁港に、郵便局に見立てたポストを出現させ、水曜日の出来事が綴られた手紙を全国から募集します。集まった手紙は、個人情報を伏せた上で無作為に交換し転送され、手紙を送った人の元には、知らない誰かの水曜日の出来事が綴られた手紙が届くことになります。このプロジェクトは、2013年~2016年にかけ、熊本県葦北郡津奈木町にある、閉校となった海の上の旧赤崎小学校を舞台に実施した「赤崎水曜日郵便局」が前身となっています。
・ウェブサイト http://www.samegaura-wed-post.jp/
・クラウドファンディング「知らない誰かの水曜日の手紙が届く。「鮫ヶ浦水曜日郵便局」を宮城県東松島市で実現したい!」
https://motion-gallery.net/projects/wed-post

プロフィール
遠山昇司 とおやま・しょうじ
映画監督/鮫ヶ浦水曜日郵便局長
1984年、熊本県生まれ。法政大学国際文化学部卒業。ボストン大学留学。早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了『赤崎水曜日郵便局』では、システムを五十嵐靖晃氏と共に発案し、ディレクター・局長としてクリエーションに関する総合的なディレクションを行った。同プロジェクトは2014年度グッドデザイン賞を受賞。映画監督としては、『NOT LONG, AT NIGHT -夜はながくない- 』(2012)が第25回東京国際映画祭<日本映画・ある視点部門>に正式出品され、高い評価を得る。『マジックユートピア』(2015/丹修一共同監督)が、第15回アンカレッジ国際映画祭、第49回ヒューストン国際映画祭にて審査員特別賞を受賞。最新作『冬の蝶』(2016)は第33回テヘラン国際短編映画祭にてグランプリを受賞するなど海外でも高い評価を得ている。精力的に映画制作を行いながら、舞台作品・エキシビション・アートプロジェクトなどの企画・プロデュースを手がけながら現在に至る。

玉井夕海 たまい・ゆうみ
女優、ミュージシャン
1977 年、東京生まれ。”渋さ知らズ”ヴォーカル担当。2015年同主宰・不破大輔プロデュース『MOTHER SUN』リリース。東京藝術大学建築科在学中に、宮崎駿主催のアニメーション演出家養成講座「東小金井村塾 2」修了。声優として映画『千と千尋の神隠し』リン役(2001/宮崎駿監督)、『亡念のザムド』紅皮伊舟役(2008-09/宮地昌幸監督)が知られる。映画『もんしぇん』(2006/山本草介監督)では原作・脚本(山本草介、海津研との共作)・主演・音楽を、映画『White Elephant』(2016)では映像作家・神田光と共同監督を務めた。遠山昇司氏とは映画『NOT LONG,AT NIGHT』主演で初タッグを組んで以降、アートプロジェクト「赤崎水曜日郵便局」、「ポイントホープ」でも協働。現在は、WISE OWL HOSTELS TOKYO を舞台に新企画<東京湾ホエールズ>を展開中。
http://www.tamai-yoomi.com/

芹沢高志 せりざわ・たかし
鮫ヶ浦水曜日郵便局管理人/P3 art and environment 統括ディレクター
1951年東京生まれ。神戸大学理学部数学科、横浜国立大学工学部建築学科を卒業後、(株)リジオナル・プランニング・チームで生態学的土地利用計画の研究に従事。89年にP3 art and environmentを開設。帯広競馬場で開かれたとかち国際現代アート展『デメーテル』の総合ディレクター(2002年)、アサヒ・アート・フェスティバル事務局長(2003年~2016年)、横浜トリエンナーレ2005キュレーター、別府現代芸術フェスティバル『混浴温泉世界』総合ディレクター(2009年、2012年、2015年)、さいたまトリエンナーレ2016ディレクター(2016年)を歴任。
http://www.p3.org/

 

News, 鮫ヶ浦水曜日郵便局