『言葉の宇宙船 わたしたちの本のつくり方』
(ABI+P3共同出版プロジェクト)刊行記念トークイベント


 
『言葉の宇宙船 わたしたちの本のつくり方』
(ABI+P3共同出版プロジェクト)刊行記念トークイベント
 
芹沢高志×大高健志×内沼晋太郎「わたしたちの本のつくり方、届け方」
 
日時:2017年2月5日(日)19:00~21:00 (18:30開場)
会場:本屋B&B(東京都世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)
入場料:1,500円 + 1ドリンクオーダー
アクセス:http://bookandbeer.com/map/
 


 
[出演]
芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター) http://www.p3.org
大高健志(MotionGallery代表取締役) https://motion-gallery.net
内沼晋太郎(本屋B&B/ブックコーディネーター) http://numabooks.com
 
[書籍情報]
https://www.abip3publishing.org
 
[イベント詳細・予約]
http://bookandbeer.com/event/20170205a_bt/
 
[イベント内容]
2016年度に国際芸術祭のディレクターを務めたふたり、芹沢高志と港千尋が中心となって、新たな出版レーベルを立ち上げました。 本と出版の未来について動きながら考える「ABI + P3 共同出版プロジェクト」。その第一弾、レーベルの哲学と現場の熱気を一冊に綴じた「プロジェクトブック」が遂に完成しました。
 
2016年春、港から芹沢のもとに一通の手紙が届きます。「どうでしょう。いっしょに宇宙船をつくるのは」。
本書は、この一通の手紙から出版レーベルが立ち上がるまでのプロセスを一冊にまとめたものです。
収録するのは「本の可能性」と「未来の発信拠点」をめぐって交された往復書簡や公開対話の記録。読者への届け方まで話題の広がった編集会議の模様。予約注文制などにチャレンジした本づくりの実践をふりかえるキーワードエッセイ。芹沢と港による、本の物質性や道具性、本の外縁に注目した書き下ろし。美しい書影と共に紹介する50を超える参考図書たち。世代も経験も異なるメンバーが動きながら考え、対話を重ねることで生まれた「わたしたちの本のつくり方」を、熱気そのままに多角的に紹介する一冊。さまざまなマテリアルを一冊に具現化した尾中俊介の造本設計も必見です。
 
本書刊行を記念して、著者の芹沢高志に加え、資金集めを協働したクラウドファンディング「MotionGallery」の大高健志、ブックコーディネーターの内沼晋太郎で、本書ができるまでをふりかえり、「これからの本のつくり方、届け方」を考えるトークセッションを行います。ぜひご来場ください。

News, お知らせ