TROPE 3.0 家具と身体の問答
Monochrome Circus × graf × Toru YAMANAKA

banner_TROPE
 
 
Monochrome Circus × graf × 山中透
 
T R O P E 3 . 0
 
 
 
『TROPE』公演は2011年に始まりました。2013年には『TROPE ~device as a new structure』として再編、そして2016年、会場をP3 art and environmentに移して新たな展開を迎えます。
 
暮らしを主体的につくる、楽しむことを提案し、多様で高度な専門技術でもって実現してきた graf。そのプロダクツやプロジェクトには、受け手に渡ったのちに完成するような「余白」を残すことも大切にされています。 そうした彼らの作業は、作り手からのインパクトだけでなく、受け手の想像力によって作品の魅力が委ねられる点で、舞台芸術をつくる作業と通じるところがありました。
 
今回のパフォーマンスでは、道具や空間から生まれる身体感覚と、身体から起こされる道具の用途や空間の感じ方について、家具と身体との間で「問答」を繰り返そうとしています。生活空間と劇場空間が往復する場がつくりあげられることでしょう。
身体と家具の物語を紡ぎだす実験的な時間をお楽しみください。
 
>>> www.monochromecircus.com
 
 


 
日時
 
2016年3月16日(水) – 21日(月・祝)
全8回公演

3月16日(水)19:30(A) アフター・トーク:服部滋樹(graf 代表)
3月17日(木)19:30(B) アフター・トーク:鞍田崇(哲学者・明治大学准教授)
3月18日(金)19:30(A) アフター・トーク:芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター)
3月19日(土)15:00(B)、18:30(A)
3月20日(日)15:00(B)、18:30(A)
3月21日(月・祝)15:00(B)
 * ダブルキャストのため日程により出演者が異なります。合田(A)、渡邉(B)
 * 開演60分前より受付開始、30分前より開場
 
 


 
会場
 
P3 art and environment
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-34-1 新宿御苑前アネックスビル1F
 東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅2番大木戸門出口
 東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅2番出口
 都営地下鉄新宿線曙橋駅A1番出口
 各駅から徒歩8分 駐車場はありません
 
>>> アクセス
 
 


 
料金
 
一般 3,000円
学生 2,500円
 * 各回50席限定(当日各500円増し)
 
 


 
チケット取扱
 
ご予約
 
Monochrome Circus
>>> https://ticket.corich.jp/apply/70492/
 
JCDN ダンスリザーブ
>>> http://dance.jcdn.org/search/search.jcdn
 
 
販売
 
P3 art and environment
平日の11時以降に電話にて来館予約の上、お越し下さい。
tel: 03-3353-6866
 
京都芸術センターチケット販売窓口 10:00 – 20:00
>>> http://www.kac.or.jp/shop/
 
 


 
スタッフ
 
演出・構成:坂本公成+服部滋樹
出演:Monochrome Circus
森裕子+佐伯有香+合田有紀+野村香子+渡邉尚+福井幸代
舞台美術:graf
音楽:山中透
舞台監督:渡川知彦
音響:四ノ宮基貴
照明:道野友希菜
宣伝美術:横山道雄
写真:下村康典(Shimomura Photo office inc.)
制作:大籔もも
制作協力:ハイウッド、 田原奈央子(graf)
主催:一般社団法人ダンスアンドエンヴァイロメント、graf
共催:P3 art and environment
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)
協賛:資生堂
京都芸術センター制作支援事業
 
 


 
お問い合わせ
 
一般社団法人ダンスアンドエンヴァイロメント
〒603-8312 京都市北区紫野中柏野町22番20 紫野スタジオ内
Mail >>> mc@monochromecircus.com
Tel >>> 070-6500-7242
Web >>> www.monochromecircus.com
 
 


 
プロフィール
 
Monochrome Circus【出演】
京都を拠点に活動するダンスカンパニー。1990 年設立。主宰、坂本公成。
「身体をめぐる/との対話」をテーマに活動を続け、海外18ヶ国で作品を発表するなか、現在15のレパートリー作品を維持する。それぞれがソロやデュオを踊りきる力量を持ちながら、一方でコンタクトなどを活かした有機的なアンサンブルが持ち味のダンサー集団。grafとは『Cage』、『緑のテーブル』、そして瀬戸内国際芸術祭2010での『直島劇場』などのコラボレーションを通して共有できる言語を探ってきた。そのコラボレーションの最終形態が『TROPE』に結実した。近年の坂本作品『HAIGAFURU』はフィンランドのダンサー5名とクリエーションし、今ではカンパニーのダンサーが踊るマスター・ピースとなっている。『HAIGAFURU ~Ash is falling 』でのツアーを計画中。
>>> www.monochromecircus.com
 
 
graf【舞台美術】
大阪を拠点に家具の製造・販売、グラフィックデザイン、スペースデザイン、プロダクトデザイン、アートから食、イベントの企画運営に至るまで「暮らしのための構造」をキーワードに、暮らしにまつわる様々な要素をものづくりから考え実践するクリエイティブユニット。異業種が集まる環境と特性を活かした活動を展開する。近年では、生産者や販売者と生活者が新しい関係性を育む場づくりとしてのコミュニティ型プロジェクト「FANTASTIC MARKET」を始動させるなど、新たな活動領域を開拓している。
>>> www.graf-d3.com
 
 
山中透【音楽】
作曲家、レコーディング・エンジニア、プロデューサー、DJ。Foil Records 主宰。音楽のみにとらわれず様々な分野のアーティストと積極的にコラボレーションを行っている。dumb typeの音楽を’00年まで担当。’89年よりクラブ・イベント“Diamonds Are Forever”主催、DJも務める。近年は様々な分野のアーティストとのコラボレーションも多く、映像、音楽、ダンスパフォーマンス、インスタレーションの作品を発表している。
 

P3 Project Space, Project