編集
展覧会カタログ

P3で編集、出版した展覧会カタログです。
 
 


 

とかち国際現代アート展「デメーテル」
公式ガイドブック

とかち国際現代アート展「デメーテル」実行委員会 著
 
P3が編集協力した本書には、展覧会概要、招聘アーティストの作品概要、企画から開催までのドキュメントなどと共に、美術ジャーナリスト・村田真、札幌在住の文化人類学者・今福龍太両氏、P3代表・芹沢高志によるコラムも収録され、「デメーテル」の全容が伝わる魅力的なガイドに仕上がっています。

 >>> P3ネットショップへ

 


 

とかち国際現代アート展「デメーテル」
カタログ

とかち国際現代アート展「デメーテル」実行委員会 著
 
本カタログは、たくさんのカラー写真と作品解説のテキストで全作品を丁寧に紹介しています。また、総合ディレクターを務めた芹沢高志や美術ジャーナリスト・村田真、札幌在住の文化人類学者・今福龍太両氏の文章、オノ・ヨーコと地球生態学者・小野有五氏の対談も収録。

 >>> P3ネットショップへ

 


 

「音の空間」シリーズ#4
「エッセイ・市民の不服従について」展 カタログ

ジョン・ケージ
 
本カタログには、ケージによる序文とメゾスティック18篇、そして「市民としての不服従」抄訳を収録しています。

 >>> P3ネットショップへ

 


 

「音の空間」シリーズ#3
「嘘と真」展 カタログ

クリスティーナ・クービッシュ
 
本カタログは、過去の作品写真なども加えて、P3で開催された展覧会をクービッシュのメモや楽譜、展示風景がプリントされた32枚のカードによって再構成したものです。

 >>> P3ネットショップへ

 


 

「音の空間」シリーズ#2
「四つの装置」展 カタログ

小杉武久
 
本カタログは、P3で開催された彼の展覧会を小杉本人のメモや展示風景がプリントされた28枚のカードによって再構成したものです。

 >>> P3ネットショップへ

 


 

「音の空間」シリーズ#1
「wind」展 カタログ

レドモンド・オハンロン
白根美保子訳
 
熱帯雨林の奥深く、博物学者と詩人とが繰り広げるユーモア溢れるジャングル探検記。ボルネオの原住民イバン族のガイド三人に導かれ、おっかなびっくりジャングルに足を踏み入れた迷コンビ。妖しげなチョウ、無数のヒル、優雅な鳥や珍獣、そして文明の波打ち際に立つ人々との出会いをオハンロンが軽妙洒脱に描き出す。

 >>> P3ネットショップへ

 


 

「Infinite Memories」展 カタログ
セルジュ・サラ&フランソワーズ・ラベ
 
ある空間の壁面をすべて鏡張りにすることで、無限に連なる球体と立方体の連結を生み出すセルジュ・サラとフランソワーズ・ラベ。宇宙全体へのマクロな視点でも、人体へのミクロな視点でも、同型の構造が見出し得ると彼らは言います。このカタログは、彼ら自身によって書かれた作品解説のテキストが有益なガイドとなり、より深く作品に触れられるようにまとめられています。

 >>> P3ネットショップへ

 


 

「原初火球」展 カタログ
蔡國強
 
大地をキャンバスに、火薬を爆発させる壮観なプロジェクトで世界的に知られる蔡國強。「原初火球」は火薬と墨で描かれた屏風状ドローイングで、それぞれの作品は、実現させることを前提としたプロジェクトの計画図でもあるため、本展覧会には「The project for projects」 と副題がつけられました。
メイン作品のほか、様々なプロジェクト案が展示され、現在までに「万里の長城を一万メートル延長する」を始めとして、ここで発表されたプロジェクトの多くが実現されています。1991年までの作品群も収録。

 >>> P3ネットショップへ

 


 

「東京速読」展 カタログ
ブライアン・ボイゴン
 
建築理論家でもあるトロント在住のアーティスト、ブライアン・ボイゴンがハイパーシティ東京を速読。フォトコラージュと理論とフィクションが混在するエッセイです。 展覧会と同時出版。

 >>> P3ネットショップへ

 


 

「水犬」展 カタログ
吉野辰海
 
吉野の犬たちはぐるぐるぐるぐる、ねじれています。1メートルに満たないものから4メートル近くのものまで、あるものは吼え、またあるものは穏やかな慈悲の表情をたたえて直立しています。
1989年に開催された個展「水犬」のカタログには、インスタレーションのためのドローイング、作品写真などが収められています。

 >>> P3ネットショップへ

 


 

「シナジェティック・サーカス
バックミンスター・フラーの直観の海」展
カタログ

 
ジオデシック・ドームで知られ、現代のレオナルド・ダ・ヴィンチと称された故バックミンスター・フラー。彼の直観、思想、行動そして発明を、1989年当時の日本、地球という文脈の中で再生させること。そのような意図のもと、ロサンゼルスに本拠地を置く「バックミンスター・フラー・インスティテュート(BFI)」の全面的なバックアップを受けて開催された、P3 art and environment(旧P3 alternative museum, Tokyo)オープニング展のカタログです。

 >>> P3ネットショップへ

 

Project, 編集・出版