アートフェスティバル
別府現代芸術フェスティバル2012「混浴温泉世界」

 
 

大分県初の国際芸術祭として大いに注目された2009年に続き、2回目の開催となった「混浴温泉世界」は、3年に一度の市民主導型現代芸術フェスティバル。前回に続いてP3代表の芹沢が総合ディレクターを務め、8つのアートプロジェクトと2つのダンス関連プロジェクト「楠銀天街劇場」「混浴ゴールデンナイト!」を別府市内各所で展開しました。

また、同じく別府市内で「ベップ・アート・マンス2012」も同時開催。ダンス公演、トークイベント、写真展やワークショップなど多彩なプログラムが展開され、さらに「BEPPU ART AWARD 2012」グランプリ受賞展、アーティスト・イン・レジデンス企画「KASHIMA 2012」、「国東半島アートプロジェクト 2012」など他企画も会期が重なり、11万7348人が「混浴温泉世界」を訪れ、街を巡りました。

参加アーティスト:
廣瀬智央、東野祥子、シルパ・グプタ、アン・ヴェロニカ・ヤンセンズ、クリスチャン・マークレー、小沢剛、チウ・ジージェほか

会期:2012年10月6日〜12月2日
会場:大分県別府市内各所(中心市街地、浜脇エリア、鉄輪エリア、別府国際観光港エリア)
主催:別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」実行委員会
協賛:株式会社大分銀行、株式会社資生堂、アサヒビール株式会社、全日本空輸株式会社、カラーキネティクス・ジャパン株式会社、株式会社トキハ、NPO法人ハットウ・オンパク、NPO法人鉄輪湯けむり_楽部、ホテル白菊、ホテル風月HAMMOND、別府商工会議所、大分みらい信用金庫、大分ガス 株式会社、株式会社マリーンパレス、フンドーキン醤油株式会社、別府タワー、社団法人別府市観光協会、悠彩の宿望海、株式会社ゆふいんラヂオ局、弁護士法人アゴラ、大分県立芸術文化短期大学、鬼塚電気工事株式会社、株式会社城島高原オペレーションズ、九州労働金庫大分県本部、高砂香料工業株式会社、株式会社能作、ホテルアーサー、医療法人慈愛会向井病院、有限会社明石文昭堂、亀の井自動車学校・別府
助成:文化庁、大分県、公益財団法人ポーラ美術振興財団、公益財団法人福武財団、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団、ブリティッシュ・カウンシル
助成認定:公益社団法人企業メセナ協議会
協力:有限会社アーク
法務アドバイザー:弁護士 水野祐(Arts and Law)
後援:ベルギー王国大使館、スイス大使館、在福岡米国領事館、「日中国民交流友好年」認定行事、外務省
別府市、大分市、大分県教育委員会、別府市教育委員会、ツーリズムおおいた、別府商工会議所、別府市観光協会、別府市旅館ホテル組合連合会、別府市中心市街地活性化協議会、大分県民芸術文化祭実行委員会、大分県芸術文化振興会議、別府市商店街連合会、別府市料飲協同組合、大分合同新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞西部本社、日本経済新聞社大分支局、西日本新聞社、共同通信社、今日新聞社、NHK大分放送局、OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送、エフエム大分、CTBメディア、シティ情報おおいた、CONKA

LINK
別府現代芸術フェスティバル2015「混浴温泉世界」

Artist, Project, アートフェスティバル, アン・ヴェロニカ・ヤンセンズ, あ行, か行, クリスチャン・マークレー, さ行, シルパ・グプタ, その他の場所, た行, チウ・ジージェ, は行, 小沢剛, 廣瀬智央, 東野祥子