コーディネート|いわき芸術文化交流館アリオス
岩井成昭 映像制作ワークショップ「ターニング・ヴィジョンズ」

「ターニング・ヴィジョンズ」は、「いわきぼうけん映画祭」(2011年2月11、12日開催)での上映を前提として、いわき芸術文化交流館アリオスで2010年9月26日から11月23日の間に行われた、美術家・岩井成昭(いわいしげあき)氏の指導による映像制作ワークショップです。

参加者はまず、さまざまな映像作品の場面を見て映像言語の読み解き方を学び、映像に対する「まなざし」を身につけた後、シナリオを起こすところから始めてロケハン、その後実際にビデオカメラを持って撮影、最終的にパソコンを用いて編集作業を行いました。

自分たちのごく身近に起こっている出来事をテーマとして、いつもの日常が「まなざし」によって魅力的に変化した瞬間=「ターニング・ヴィジョン」を捉える映像作りを目指し、それぞれに魅力的な、4チームによる4作品を映像作品として完成させることができました。

【作品紹介】

『Mambo de Alios ~出会いのプレリュード~』12min.
制作:押田優子、島崎圭介、高橋綾
出演:横山晋三(いわき小劇場)、寺島恵美(劇団ギャング団)
サイレント映画風に男女の出会いと、ひょんなことから暴走する男の妄想を描く。
ロケ地「いわきアリオス」は現在市内の主要避難所として3月16日現在約200名が避難している。

『セカンドライフ』14min.
制作・監修:AKA3(池亀彩、国府田賢司、暁)
「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」出品作品
親父3人組のちょっと風変わりな友情物語。ロケ地はいわきと北茨城市。

『3・5・8』7min.
監督:三原由起子
企画・制作:プロジェクト358(三原由起子、篠崎哲也、岡崎和彦)
「ご当地名物三五八漬」の魅力を通して、郷土愛に目覚める女ロッカーのPV風作品。原発から10km以内の浪江が作者の故郷後半では、いわき市内の名所がフラッシュバックする。

【上映会】

・第一回上映会
ニューカマーズ・ヴュー ~イミグレーション・ミュージアム・東京にむけて~、にて上映
日程:2011年03月26日(土)
時間:18時〜
会場:小金井アートスポット シャトー2F

・第二回上映会
東北地方太平洋沖地震復興支援アートアクション「いま、わたしになにができるのか?─3331から考える」、にて上映
日程:2011年04月02日(土)、2011年04月03日(日)
時間:04/02(土)12:00-18:30、04/03(日)12:00-17:00
料金:無料
会場:3331 体育館

・第三回上映会
いわき「ターニング・ヴィジョン」映像制作ワークショップ作品上映会
日程:2011年04月24日(日)
時間:15:00 開場 / 16:00 スタート / 20:30 終了
会場:アサヒ・アートスクエア(スーパードライホール4F)
協力:アサヒ・アートスクエア
*アサヒ・アートスクエアで開催中の「OPEN SQUARE DAY」の1プログラムとして実施

主催:いわき芸術文化交流館アリオス
指導講師:岩井成昭
テクニカル・アシスタント:西村明也(東京芸術大学助手)
協力:いわきぼうけん映画祭実行委員会
制作協力:P3 art and environment

Artist, Project, あ行, コーディネート、制作など, その他の場所, 岩井成昭