書籍|アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会 編
まちにアートの風が吹く NPOと企業が協働するアサヒ・アート・フェスティバルの試み


まちにアートの風が吹く
NPOと企業が協働するアサヒ・アート・フェスティバルの試み

アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会 編
 
2005年5月1日発行
マルモ出版
日本語
A4判変型(210 × 210mm) 並製 144頁
本体価格2,500円(税抜)
ISBN:978-4944091379

 


 
 
2002年から始まった「アサヒ・アート・フェスティバル(AAF)」は、全国の市民グループやアートNPO、アサヒビールなどが協働で開催するアートの祭典。「未来」を展望し、「市民」が主体となって企画・運営し、「地域」の魅力を引き出し、コミュニティの再構築をめざすアート・プロジェクトが集まり、つながっています。AAFネットワーク実行委員会の事務局がP3内にあり、初回からP3代表の芹沢が事務局長を務めるなど、運営に深く関わってきました。

本書は、「アサヒ・アート・フェスティバル2004」で全国各地のプロジェクトを訪れたランドスケープアーキテクトでフォトライターの竹田直樹による臨場感あふれるレポート「アサヒ・アート・フェスティバル2004を巡る旅」を軸に、北海道から沖縄まで、各地の担当者によるテキストを資料として掲載。現在も継続して開催されているAAFの実験的で魅力的な試みを紹介しています。
 

 
 
 
関連商品
 
 

           

地域を変えるソフトパワー
AAFネットワーク+藤浩志
本体価格1,800円(税抜)
 
 
           

作品集・アーティストブック・その他, 書籍, Shop