写真集|石川直樹
POLE TO POLE 極圏を繋ぐ風


POLE TO POLE 極圏を繋ぐ風
石川直樹
 
2003年10月発行
中央公論新社
日本語
A4判変型(286 × 212mm) 並製 160頁
本体価格3,800円(税抜)
ISBN:978-4120034473

 


 
 
Pole to Poleは、世界7ヶ国から選ばれた8人の若者が、「小さな一歩が大きな変化を起こす(Small step makes a difference)」という趣旨のもとに、北極から南極までの道のりをスキーや自転車など人力の移動手段によって旅をするという国際プロジェクトである。
ぼくはそのプロジェクトに日本代表という形で参加した。

メンバーは北磁極を出発して、スキー、カヤック、自転車などを駆使しながら南北アメリカを縦断し、南極点へと向かった。
南極点で一つの長い旅が終わるその瞬間、ぼくたちのもとに新世紀の風が吹いた。

本書は、9ヶ月におよぶ地球縦断の日々の中でフィルムに映しこまれた、もう一つの自分の記憶でもある。
(石川直樹、本書より)

 
 
石川直樹
1977年東京都生まれ。写真家。2000年、PoletoPoleプロジェクトに参加して北極から南極を人力踏破、2001年、七大陸最高峰登頂を達成。人類学、民俗学などの領域に関心をもち、行為の経験としての移動、旅などをテーマに作品を発表し続けている。2011年、「CORONA」(青土社)により、土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した「最後の冒険家」(集英社)、「この地球を受け継ぐ者へ」(講談社)ほか多数。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。
 

作品集・アーティストブック・その他, 書籍, Artist, Shop, あ行, 石川直樹