サラエボ・サバイバル・ミュージアム

FAMA(ファマ)

包囲下の都市サラエボでの生活から生み出された数々のスローガンを掲げ、市民としてのサバイバル術を駆使した生活を再現する展示をリサイクル素材を用いて制作。会期中、ボスニア国立劇場に所属する女優アミナ・ベゴビッチが観客を率いて「ミュージアム」内のガイドツアーを行いました。

「アトピック・サイト」と題された展覧会の一部として出展されました。柏木博、岡崎乾二郎、建畠晢、高島直之、四方幸子各氏がそれぞれアーティストを選び、公共の場や地域社会を舞台に都市の抱える問題に対して環境再生のための可能性を探り未来を展望する作品を委嘱。ほかにムルヨノ、スザンヌ・レイシー、シュー・リー・チェン、ヴァディム・ザハロフなどが参加しました。
 
会期 : 1996年8月1日 - 8月25日
会場 : 東京ビッグサイト西3ホール
主催 : P3 art and environment

Artist, FAMA, Project, その他の場所, は行, 展覧会