「音の空間」シリーズ#3 嘘と真

  • trueandfalse001
  • trueandfalse002
  • trueandfalse003
  • trueandfalse004
  • trueandfalse005
  • trueandfalse006

 
クリスティーナ・クービッシュ

太陽電池、超音波発信機、スピーカーなどによって空間を構成。屋外に設置された太陽電池とつながる会場内のスピーカーが、外の光の変化に従い様々な音を奏でます。晴れていれば大きく強い音を、曇っていれば小さく弱い音を鳴らすスピーカーは、クービッシュの言う「嘘の自然」を、外部世界から隔絶されたギャラリー内に人工的に構築。月光を浴びた花のように見える円盤は、それぞれのスピーカーを隠すようにブラックライトを受けて光ります。

サブギャラリーでは、アクリル樹脂に閉じこめられた盆栽を展示しました。

会期:1992年9月1日〜10月10日
会場:東長寺講堂P3
主催:P3 art and environment
協賛:Lufthansa
協力:東京ドイツ文化センター

Artist, Project, か行, クリスティーナ・クービッシュ, 展覧会, 東長寺講堂P3