展覧会
三上晴子「パルス・ビーツ — インフォメーション・ウェポン3  Pulse Beats – Information Weapon 3」

  • informationweapon001
  • informationweapon002
  • informationweapon003
  • informationweapon004
  • informationweapon005
  • informationweapon006
  • informationweapon007
  • informationweapon008
  • informationweapon009
  • informationweapon010
  • informationweapon011
  • informationweapon012

 
 
「都市の生成器官であるテクノロジーと人体」の関係を研究し、アートの分野で可視化させる三上晴子。「滅ビノ新造形」で鉄と骨の関係を、「Bad Art for Bad People」でケーブルネットワークと神経系を、「Super Clean Room」では実際に使われているスーパークリーン・ルームに交渉して、エアシャワーを浴びて防塵服に着替えなければ入れない空間に作品を設置し、免疫機能との対比を見せました。

メインギャラリー中央に吊られたマザーから放出される子機と、床上で迎え撃つ約180個のICチップを埋め込まれたミサイル群。観客の脈拍はLED上にパターン化され、ミサイルの内部で脈動が始まり、連動して脈拍の音も重低音で響きます。個々人の無意識化で起きている自律神経の戦争状態を露にしています。

観客が脈拍で参加することで、体内で昼夜を問わず行われている自律神経系の戦争状態を視覚化し、作品の素材として使われるコンピュータ、ICチップ群は情報戦争を連想させます。生体とそれを模倣するテクノロジーとの関係についての三上の考察。サブギャラリーには免疫システムを表した作品を設置しました。
 
 
 
開催概要
 
三上晴子「パルス・ビーツ — インフォメーション・ウェポン3 Pulse Beats – Information Weapon 3」
会期:1990年7月21日〜8月19日
会場:P3 Alternative Museum, Tokyo
主催:P3 Alternative Museum, Tokyo
関連書籍:ALL HYBRID 三上晴子作品集
 
 
 
関連情報
 
○ アーティストトーク
出演:三上晴子
日程:1990年9月22日

Artist, Project, トークイベント, ま行, 三上晴子, 展覧会, 東長寺講堂P3